格安SIMの料金プランはわかりにくいデータSIMって何?

わかりにくい格安SIMの料金プラン、データSIMって何?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

格安SIMの料金プランは、どこも細かく分かれていてとても分かりにくいなと感じませんか?

 

それは、音声通話SIMとデータSIMの2種類のSIMから選ぶことができるからなんです。

 

 

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の場合データSIMは存在せず、音声通話SIMしかありません。

 

 

では、音声通話SIMとデータSIMは何が違うのでしょうか?

 

 

音声通話SIMとデータSIMの違い

 

音声通話SIMとデータSIMの違いは、大きく分けると次の3つのポイントになります。

 

 

  1. 音声通話SIMは、電話(音声)とデータ通信ができ、電話番号を持てる
  2. データSIMは、データ通信のみで電話番号を持てない
  3. データSIMのほうが料金が安い

 

※データ通信とはインターネットなどで情報を送ること。

 

 

さらに、データSIMはSMS(ショートメッセージ)が利用できるかどうかで2種類に分かれます。

 

 

ですので、格安SIMの料金プラン大きく分けると次の3種類になるのです。

 

 

  • データSIM
  • SMS(ショートメッセージ)付きデータSIM
  • 音声通話SIM

 

 

基本的に電話を利用したい人は、音声通話SIMを選べば間違いありません。

 

 

しかし、この3種類のうちで一番料金が高くなります。

 

 

大体平均でデータSIMと音声通話SIMの料金の違いは700円ほどです。

 

 

この料金差は月々にすると大したことないようですが、年間になると8400円もの違いになります。

 

 

しかも音声通話SIMの場合、格安SIMを利用してもほとんどの場合解約した時の違約金がかかってくる期間があります。

 

 

キャリアと違って期間は短い場合もありますが、気に入らないからと言ってすぐに乗り換えることがしにくいのが欠点です。

 

 

一般電話にかけないならデータSIMで十分

 

その点データSIMの場合、電話はできませんが、月々の料金が安いうえに、解約の違約金がかかることもほとんどありません。

 

 

050のIP電話というデータSIMからでもスマホには電話をかけることができる方法がありますのでそれほど不便はありません。

 

 

しかし、緊急電話には掛けることができませんので、いざというときに困ることがあることは覚悟が必要です。

 

 

LINEを利用したい場合はSMS付きデータSIMじゃないとダメ

 

データSIMで通話するにはLINEなどの通話ができるアプリを利用する方法もあります。

 

 

データ通信を利用しますので通話料金もかかりません。

 

 

しかし、LINEを利用する場合、SMS(ショートメッセージ)での本人確認が必須ですので、データSIMでもSMS付きのデータSIMでないと使えないのです。

 

 

SMS付きデータSIMの場合、データSIMとの料金の違いは150円ほどです。

 

 

中には無料でSMSオプションをつけることができる格安SIMもあります。

 

 

その中でも、LINEが運営しているLINEモバイルだけは、SMS(ショートメッセージ)をつけなくても、LINEが使える唯一の格安SIMになります。

 

 

しかもLINEモバイルのデータSIMは1GB500円から利用できます。

 

 

さらに、LINEの利用に関してはデータ通信量を使わない、データフリーになっています。

 

 

今や、スマホにLINEが入っていない人はほとんどいませんので、LINEが無料で利用できるのは本当に助かりますね。

 

 

LINEモバイルがなぜキッズスマホにおすすめなのか全部教えます

page top