小学校低学年むけキッズスマホにおすすめの格安SIMをタイプ別に紹介

小学校低学年のキッズスマホにおすすめの格安SIMの選び方を紹介

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

キッズスマホといっても、それを持つ子供の年齢には大きな差があります。
初めてもつスマホなら小学校低学年くらいかもしれませんし、小学校高学年から持つ場合もありますよね。

 

もちろん、小学生の間はキッズ携帯を持っていたけど、中学生になったのでスマホに変えようという人も多いと思います。

 

そして、キッズスマホを子どもに持たせる親御さんが何を重視してキッズスマホを持たせるかによっても、おすすめの格安SIMは変わってくるのです。

 

格安SIMはどこも同じように見えるかも知れませんが、実は各社他のMVNOとは違うサービスを打ち出して、差別化するようにがんばっているんです。

 

しかし、どこの格安SIMが自分の子どものキッズスマホにぴったりなのか選ぶのは難しいです

 

今回の記事では、自分の子どもにぴったりの格安SIMを選べるように、要点をまとめてみました。

 

子どもが低学年で通話や連絡はLINEで十分という人におすすめ格安SIMは?

子どもが低学年でデータSIMを利用してなるべく安くキッズスマホを持たせたい人におすすめの格安SIMはLINEモバイル

LINEモバイル

 

小学校,低学年,キッズスマホ,おすすめ,格安SIM

  • 安さ:データSIMの場合1GBで500円はダントツの安さ
  • 安全性:フィルタリングアプリの「i-フィルター」が無料で使える
  • 店舗でのサポート:全国100店舗以上の家電量販店で即日受渡可能、ただ専門店ではないのでサービスには少々不安がある
  • 家族とのシェア:LINEアプリで簡単にデータのプレゼントやあまったデータのシェアが可能
  • かけ放題:10分かけ放題が月額880円で付けることが可能

 

子どもが低学年の場合、電話やメールなどのやり取りは、LINEなどのアプリで十分なんです。

 

どうしても一般電話などにも電話をかけなければいけないのなら、音声通話SIMが必要ですが、LINEで十分ならデータSIMでOKになるので、月々の料金をかなり抑えることが可能になります。

 

LINEモバイルならデータSIMを利用すれば月々500円で利用できる。しかもLINEでのやり取りならデータ通信は無料

 

しかも、LINEモバイルなら、フィルタリングアプリの中でもPTAが選択するほど信頼度の高い「i-フィルター」が無料で利用できるんです。

 

ソフトバンク回線とドコモ回線どちらも使えるので、古いスマホの再利用も可能。

 

親が昔つかっていたスマホを利用する場合、ソフトバンクとドコモで利用していた端末ならSIMロック解除なしにそのまま利用できます。

 

?

どうしても店舗でのサポートが手厚くないと嫌な人におすすめの格安SIMはイオンモバイル

イオンモバイル
小学校,低学年,キッズスマホ,おすすめ,格安SIM

  • 安さ:LINEモバイルと同様にデータSIMなら1GB480円と最安値
  • 安全性:月額150円でフィルタリングアプリなどが入った子どもパックが使える
  • 店舗でのサポート:全国の260店舗ものイオンでサービスを展開している
  • 家族とのシェア:音声通話SIMのみ家族でシェアできる
  • かけ放題:10分かけ放題が月額850円で付けることができる

イオンモバイルの特徴はなんと言っても全国各地にあるイオンの店舗で申し込みが可能なことです。
いつも買い物に行くイオンでスマホが申し込めるのは本当に安心ですし便利ですよね。

 

そしてLINEモバイルに負けない値段の安さもおすすめポイント。

 

イオンモバイルはau回線とドコモ回線があり、au回線ならSMSのオプション料金も無料なので、auで購入したスマホの再利用の場合はイオンモバイルが最安値です。

 

安全面も「スマモリ」「Filii」といった人気のフィルタリングアプリなどが11個もセットになった子どもパックがあり、月額150円で利用できるので安心です。

 

 

 

家族でデータをシェアして使いたい人におすすめの格安SIMならmineo!総合的な人気も高い

mineo

 

 

小学校,低学年,キッズスマホ,おすすめ,格安SIM

  • 安さ:1GBだと月額800円とLINEモバイルやイオンモバイルと比べると少し高い
  • 安全性:フィルタリングアプリの「i-フィルター」が月々350円で利用できますがこれも少し高い
  • 店舗でのサポート:全国にサポート店が120店舗くらいあり、初期設定やSIMの差し替えなどもサポートしてくれる
  • 家族とのシェア:家族だけでなくmineoユーザーなら誰とでもシェアでき、データ量が足りないときは無料でもらえたりとシェア機能が充実
  • かけ放題:10分かけ放題が月々850円

mineoはドコモ、au、ソフトバンクのどの回線でも利用できるトリプルキャリアなので、どこで購入したスマホでも利用できるのが大きな強みです。

 

料金は割高にはなりますが、総合的な満足度が高く人気NO1の格安SIMなので安心ですね。

 

特におすすめは家族でのシェアです、mineoのシェアサービスは他社には真似できない内容で、mineoユーザー同士の助け合いなど面白いサービスが魅力

 

店舗でのサポートもしっかりしていて機会が苦手な人でも安心して利用できます

 

 

まとめ

子どもが小学校低学年の場合、データSIMを利用して月額料金をなるべく安く抑えるプランがおすすめです。

 

LINEアプリを利用すれば、家族間での通話やメッセージのやり取りは問題なく出来ます。

 

安さで選ぶのであればダントツでLINEモバイルが強いです。SMSのオプションもいらない、フィルタリングアプリの月額料金も無料なので、本当に1GB500円で利用できます。
LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!

 

 

パソコンでの申し込みに不安があり店舗でのサポートが第1条件ならイオンモバイルがおすすめ。圧倒的に店舗数が多くイオンの大型店舗なら買い物ついでに行ける
業界最安級の格安スマホ「イオンモバイル」

 

家族全員が格安SIMに出来るならシェア機能が充実しているmineoがおすすめ。
利用回線も3大キャリアすべて網羅しているので夫婦で違うキャリアで利用していたとしても、全員同じmineoに乗り換えることが出来る
あなたのスマホそのままで使える!mineo

 

 

次は小学校高学年から中学生におすすめの格安SIMについてです

page top