iPhoneはi-フィルターだけでは足りない!安心、安全に使う設定方法とは

iPhoneの機能制限を最大限利用して安全にキッズスマホとして利用する方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


格安SIMを利用してキッズスマホにする場合フィルタリングアプリが必須なのですが、iPhoneに関しては有料のフィルタリングアプリ「i-フィルター」を使ってもフィルタリングできない機能制限があります。

 

それは、次の3つの機能になります。

  • アプリのフィルタリング
  • アプリの購入制限
  • 位置情報の把握

しかしこれらの機能制限はiPhone本体のなかに最初からフィルタリングできるようになっているのです。

 

フィルタリングアプリとiPhoneの設定で問題なくキッズスマホとして利用する設定方法について解説します。

 

iPhoneのアプリのフィルタリング設定はペアレンタルコントロールで可能

iPhoneに元から備わっている機能制限のことを「ペアレンタルコントロール」と呼ぶのですが、どのような機能制限が備わっているかご存知ですか?
以下のような事が親が子どもに対して制限できる項目になります。

  1. 機能制限自体のオン/オフを切り替えることができる
  2. 標準APPや機能をオフにして使用できなくできる
  3. 不適切なコンテンツへのアクセスを制限できる
  4. Webサイト自体へのアクセスを制限できる
  5. APPなどの購入時に承認がないと購入できなくできる
  6. APP内課金を阻止する事ができる
  7. プライバシー設定の変更を制限できる

 

機能制限自体のオン/オフを切り替えることができる

,竜’柔限というのは◆銑Г旅猝楞瓦討里海箸鮓世い泙后
以降の項目をすべてオンにするかオフにするかをまず決める事が出来るのです。

 

手順

  1. 「設定」>「一般」>「機能制限」の順にタップします。
  2. 「機能制限を設定」をタップします。
  3. 機能制限のパスコードを作成します。機能制限のパスコードは、設定内容を変更する際や、機能制限を解除する際に必要になります。(忘れると大変めんどくさい事になりますので気をつけてください)
標準APPや機能をオフにして使用できなくできる
  • Safari
  • カメラ
  • Siri と音声入力
  • FaceTime
  • AirDrop
  • CarPlay

これらの標準APPの使用をオンにするかオフにするか決めます。オフにするとホーム画面から消えて見えなく出来ます。完全に削除したわけではないので、オンにすれば戻ります。

 

不適切なコンテンツへのアクセスを制限できる

年齢によって不適切なレートを選んで各コンテンツ自体にアクセスできなく出来ます。
それぞれの項目ごとにレートを選ぶ事が出来ます。

  • 制限の地域指定:このセクションで国や地域を選択すると、その地域に適したコンテンツレートが自動的に適用されます。
  • 音楽、Podcast、ニュース:不適切な表現を含んだ音楽、ミュージックビデオ、Podcast、ニュースの再生を禁じます。
  • 映画:特定のレートの映画を禁じます。
  • テレビ番組:特定のレートのテレビ番組を禁じます。
  • ブック:特定のレートのコンテンツを禁じます。
  • App:特定のレートのApp を禁じます。
  • Siri:Google や Wikipedia のコンテンツをSiriで検索できないようにします。

 

Webサイト自体へのアクセスを制限できる

Webサイトに関しては全てのWebサイトを許可することも出来るし、アダルトコンテンツや指定したWebサイトのみを禁止することも出来ます。

  • すべての Web サイト
  • アダルトコンテンツを制限
  • 指定した Web サイトのみ

上記の3つから選択できます。

 

 

APPなどの購入時に承認がないと購入できなくできる

ファミリー共有で子どものiPhoneを登録している場合、子どもがAPPを購入しようとすると親のiPhoneに承認の確認リクエストが届き、それに親が承認しなければ購入できないように設定できます。
ファミリー共有とは

 

 

APP内課金を阻止する事ができる

子どもが勝手にAPPのインストールや削除、課金を出来ないようにもできます。

  • iTunes Store
  • ミュージックのプロフィールと投稿
  • iBooks
  • Store
  • Podcast
  • News
  • インストール
  • App の削除
  • App 内課金

上記の項目に対して許可するかしないかを選択できます。

 

 

プライバシー設定の変更を制限できる

写真や位置情報などをSNSなどで利用できるかなどのプライバシーを設定出来ます。自分の位置情報なども共有できないように設定することも出来ます。

  • 位置情報サービス:設定を現状のまま固定し、App や Web サイトに位置情報の使用を認めます。
  • 連絡先:App が連絡先 Appにアクセスできないように阻止します。
  • カレンダー:App がカレンダー App にアクセスできないように阻止します。
  • リマインダー:Appがリマインダー App にアクセスできないように阻止します。
  • 写真:Appが写真へのアクセスをリクエストできないように阻止します。
  • 自分の位置情報を共有:メッセージ Appや「友達を探す」の位置情報の共有設定を現状のまま固定します。
  • Bluetooth 共有:デバイスや App が Bluetoothでデータ共有できないように阻止します。
  • マイク:App がマイクへのアクセスをリクエストできないように阻止します。
  • 音声認識:Appが音声認識や音声入力にアクセスできないように阻止します。
  • 広告:広告設定の変更を阻止します。
  • メディアと Apple Music:Appが写真、ビデオ、ミュージックライブラリにアクセスできないように阻止します。

 

とこのようにiPhoneの機能制限を利用すればかなりの事がコントロールする事が出来るようになります。

page top