キッズスマホにフィルタリングアプリを入れないと起こりうる危険と対策

子どもにキッズスマホを持たせるなら知っておきたいインターネットの危険と対策

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもの安全を守るためにキッズスマホを持たせたのに、逆に危険な目にあってしまっては元も子もありません。子どもにスマホを与えるには親である私たちがインターネットの危険についてしっかりとした知識が必要なのです。

 

では、スマホを子どもに持たせたらどんな危険があるかわかりますか?なんとなくはわかるけど、詳しくは知らない人も多いと思います。

 

実際大人のわたしたちは、今まで生きてきた中で直感的にこれをすると危険だとなんとなくわかるものです。しかし子どもはその経験がありませんから、大人だったらやらないことも知らないうちにやってしまうものなのです。

 

それを未然に防ぐためにフィルタリングアプリが存在します。

 

では具体的に子どもに降りかかるであろうインターネットがもたらす子どもへの危険について紹介して行きたいと思います。

 

子どもにスマホを持たせたら起きるかもしれない怖いこと

スマホ依存


まずこれが最も子どもが陥りやすい危険だと思うのですが、自分専用のスマホを持つと大人でもずーっと触ってしまいますよね。しかもゲームやSNSなどのアプリが入っていればなおさらです。

 

本やテレビと違ってインターネットは常に情報が新しくなっていき、終わりがありません。ここまで見たら辞めようといった区切りがつけにくいものです。

 

小学生の間はスマホを持たせるといっても、外に行く時とか塾に行っている間とか時間限定で与えることも可能なので、依存症になる可能性は少ないかもしれませんが、怖いのは中学生や高校生です。

 

自分の世界を持ち出す年頃は友達との連絡にLINEやツイッターなどのSNSを利用し始めます。LINEなどはただの連絡手段だから安全と思っていませんか?子どもたちには子どもたちのルールが出来てきて、グループトークなどでは未読や返信が遅いといった理由だけでいじめや嫌がらせに発展しかねません。

 

そういった事を回避するために、常にスマホを気にするようになり、勉強などにも支障が出てくるのです。

 

こういった人間関係のトラブルに巻き込まれないためにスマホ依存になってしまう子どもたちが多いのです。

 

対策:まずは家庭でのルール作りが最も大切です。
「夜9時以降はスマホは触らない」などのルールを作り、そのルールを子どもの友達にも宣言するなどして、ルールが守られる環境づくりが大切なのです。
具体的には、

  • SNSは親が許可したものしかインストールしない。
  • ゲームも親が許可したものを時間を決めて利用させる
  • 子どものネットの利用状況をチェックする
  • スマホの利用時間を制限する

これらの機能制限はi-フィルターの・リモート管理、・端末の利用時間制限、・インターネットの利用時間制限、・アプリのフィルタリングなどからコントロールできます。

個人情報漏洩


これは子どもたちがSNSなどで何気なく話している内容や、投稿した写真などから個人情報が特定され、嫌がらせやストーカー被害にあってしまうこともあります。

 

これくらいなら大丈夫だろうと思っていても、自分の意図とは違う方向につかわれてしまうと言うことを子どもにはよく理解させなければいけません。

 

一つ一つの投稿では個人を特定できなくても、それらを結びつけると特定可能になってしまうことがあります。

 

対策:SNSを利用する時のルールや注意事項を子どもと一緒に勉強しましょう。親である自分も知らず知らずにやってしまっていないかもう一度確認する事が大切です。
SNSは必ず認証した人とだけ交換することを約束させることも大切です。

 

具体的には

  • SNSは親が許可したものしかインストールしない
  • SNSは友達との間だけで利用するように公開範囲を設定する
  • 自撮りや近所の写真はなるべく載せないようにする
  • アプリのインストールは親が制限する

これらの機能はi-フィルターのアプリのフィルタリングで制限する事が出来ます。

高額請求


スマホで出来るゲームはほとんどが無料でインストールできます。最初のうちは無料で楽しめるのですが徐々にレベルが上がっていくとアイテムなどが必要となってくるのです。

 

もちろん無料ゲームといってもアイテムなどは有料なのですが、子どもは知らずに購入してしまう危険性があるのです。

 

購入時にはパスワードなどで管理しているから大丈夫と思っていても簡単なパスワードなどに設定していれば知らずに解除されていたなんてこともあるかもしれません。

 

対策:ゲームなどは親が許可したものだけを利用させるようにし、アイテムを購入する時は必ず相談させるようにしないといけません。

 

子どもが知らないところで勝手に利用しないようにルールを決める事が大切です。

 

具体的には

  • ゲームをする時間を決める
  • インストールは親の許可をとる
  • アイテムを購入する時も親の許可をとる

これらの機能はi-フィルターの・アプリの警告機能、・購入ページのブロック、・ブロック解除申請、・アプリのフィルタリングで制限する事が出来ます

出会い系被害


SNSではID交換などで知らない人と繋がることで、知らず知らずのうちに危険な人と知り合いになってしまう可能性があります。

 

知らない人とは合わないとか、出会い系は危険といった知識は持っていても、軽い気持ちで友達になった人とSNSで会話しているうちに気を許して、相手の誘いにのって会いに行ってしまい被害に合うことも十分考えられます。

 

対策:まずはIDの交換や無料のメッセージアプリが何故危険なのかをよく子どもと一緒に確認しましょう。
具体的には

  • よく知らない人とは繋がらない
  • 友達ではない人とは会わない
  • IDの交換やメッセージの交換を求めてくる人に注意する
  • 無料のメッセージアプリなどを利用できないようにフィルタリングする
  • インターネットの利用状況を確認する

これらの機能はi-フィルターの・アプリのフィルタリング、・インターネットの利用状況確認、・ID交換用の掲示板のブロックなどで制限する事が出来ます。

i-フィルター
無料
(2018.05.09時点)
 App Store
posted with ポチレバ
page top