docomoのキッズ携帯は親もdocomoでないと利用できない?

ドコモのキッズ携帯F−03Jのポイント5つ

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドコモ,キッズ携帯,親回線

基本料金は500円で、端末代金は約10,000円

2018年4月現在のドコモのキッズ携帯の基本料金は、キッズケータイプラスというキッズ携帯専用の料金プランがあり、月額基本使用料が500円となっています。

 

基本料金はauやソフトバンクとあまりかわりありません、基本料の割引は全くありません。

 

端末に関してはauやソフトバンクがこの春に新機種を発表しているのですが、最新機種につき端末代金はかなり高くなっているので、ドコモのF−03Jに関してはお手ごろ価格となっています。

 

24回の分割にすると、月々432円なので基本料とあわせても1000円ほどで利用できます。

 

親の回線がドコモのかけ放題プランでの契約が必須

ドコモのキッズ携帯用のプランとしてキッズケータイプラスを契約することになります。
月額基本料金は500円
利用者の年齢は12歳以下
親回線が「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパック(シェアパック)に契約していないと申し込めません。

 

単独での契約は出来ないことになっています。

 

ソフトバンクやauにはそのような記載が無いため単独での申し込みも可能です。

 

月額基本使用料 2年定期契約あり 500円
2年定期契約なし 1,000円
国内通話料 ドコモ携帯電話宛

家族間:無料
家族以外:20円(21.6円)/30秒

他社携帯電話
固定電話宛など

20円(21.6円)/30秒
SMS送信料 SMS(国内) 3円(3.24円)/回〜、受信無料
国際SMS 50円/回〜、受信無料

 

 

もしもの時に安全、防犯ブザーとGPS完備

いざというときに防犯ブザーとなるように紐がついており、紐を引っ張るブザーが鳴ると同時に電話発信、位置情報も送信してくれます。

 

ただし、位置情報がわかる機能を利用するには、イマドコサーチに申し込みしておかなければいけません。

 

料金は月額料金200円、検索料1回あたり5円かかります。
いつでも子どもの居場所が探せて、迷子防止にも役立ちます。

  • 気になるときに地図上で居場所が確認できる
  • もし危険な目にあってもブザーを鳴らせば自動で居場所を知らせます
  • 探したい相手を5人まで登録できます
  • 子どもの帰宅を知らせてくれる「おかえり通知」が利用できる。
  • 親から離れたら知らせが来る「みまもりアラート」機能もあります。

 

絵文字に対応してメッセージが利用しやすい

SMSでメッセージが送れ、絵文字も豊富に用意されており楽しく見やすく利用できるようになりました。

 

 

操作や設定も画面を見ながら簡単に出来るようになっており、かんたん操作ガイドで機械が苦手でも大丈夫。

 

保護者のスマホからキッズ携帯を編集することも出来ます。

 

本体は持ちやすく丈夫で長持ち

本体は塗装がはがない構造になっており、傷も付きにくく抗菌コートで清潔です。

 

さらに持ちやすいフォルムで子どもの手にもなじみます。

 

 
防水、防塵加工も完備で子どものうっかりにもしっかり対応。


page top