ドコモ、au、ソフトバンクのキッズスマホ料金徹底比較一覧表

docomo、au、Softbankでキッズ携帯の料金比較!一番お得なのはみまもりケータイ4だった

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドコモ,au,ソフトバンク,キッズ携帯,料金比較

キッズ携帯の場合、キャリア3社ドコモ、au、ソフトバンクでは基本料金などの月額使用料が大体500円ほどの設定にしてあります。

 

さらにGPSなどの機能を利用するためのオプションや端末代金の分割なども含ませると、大体月額1000円から1500円になっているのです。

 

各社最新機種3種類での料金を比較

 

キッズ携帯月額料金一覧表

  docomo au Softbank
基本料 540円 540円 529円
基本料割引 なし なし 2ヶ月間無料

機種名
機種代金一括
分割

F−03J
10368円
432円×24回

mamorino4
16200円
675円×24回

キッズフォン
18720円
780円×24回

通話料

30秒/20円
家族間通話無料

30秒/20円
家族間通話無料

1回5分以内無料
家族間通話無料

位置検索
基本料

216円 324円 216円

2年間平均
月額料金

1188円 1539円 1525円

 

このように3社比較してみると、もっともお得なのはドコモのF−03Jである事がわかります。

 

しかし、この一覧表で比較したキッズ携帯は各社の最新機種での比較表となっているのですが、実はソフトバンクに関しては1つ前の機種にすると値段がかなりお安くなります。

 

 

ソフトバンクのみまもりケータイ4の場合
ドコモ,au,ソフトバンク,キッズ携帯,料金比較
キッズフォンはタッチパネルを搭載しておりスマホのような使いごこちなのですがその分端末代が高くなっています。

 

みまもりケータイ4は従来どおりの機種なのですが機種代金が6720円となり月々280円×24回での利用が可能です。

 

その他のサービスはキッズフォンと全く同じになるため、2年間の月額料金は980円ほどとなります。

 

しかもソフトバンクの場合、通話は5分かけ放題でSMSやMMSの送受信料金も無料となっていますので、コスパもdocomoやauに比べると断トツです。

 

 

まとめ

もし最新機種にこだわりが無ければ、みまもりケータイ4とドコモのF-03Jはスペック的にはほぼ差がありませんので、ソフトバンクのみまもりケータイ4にするのが最もお得であるという事がわかりました。

 

そしてドコモは親もドコモでしかも親回線が「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパック(シェアパック)に契約していないと申し込め無いのですが、ソフトバンクの場合はキッズ携帯単独での契約も可能なので、親がドコモやauで契約していてもキッズ携帯だけソフトバンクにすることも出来るのでかなり柔軟に選ぶ事ができます。


page top