誰でもわかる!全キャリアから乗り換えるためのMNP予約番号の取得方法

誰でもわかる!全キャリアから乗り換えるためのMNP予約番号の取得方法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

今使っている電話番号を変えずにそのまま格安SIMに変わることって出来ないの?

 

 

 

 

 

もちろん出来ますよ!自分が今契約しているキャリアにMNPの予約番号をもらって、格安SIMにMNPで乗り換えすればいいんです

 

MNPとは、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)のことで、携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度のことをいいます。

 

キャリア,乗り換える,MNP予約番号,取得方法

 

 

誰でも簡単!MNP予約番号のとり方を詳しく解説

 

1.今現在契約している携帯電話会社からMNP予約番号を受け取る

 

MNPは各携帯電話会社に設置されているMNP予約受付窓口に連絡すれば予約番号を発行してもらえます。

 

各携帯電話会社の予約受付窓口一覧

MNP予約番号受付窓口 受付時間
NTT docomo ケータイ 151 9時〜20時
一般電話 0120-800-000 9時〜20時
パソコン My docomo→ドコモオンライン手続き→MNP 24時間
店舗 ドコモショップ窓口 各店舗に問い合わせ
au ケータイ 0077-75470 9時〜20時
一般電話 0077-75470 9時〜20時
店舗 auショップ 各店舗に問い合わせ
ソフトバンク ケータイ *5533 9時〜20時
一般電話 0800-100-5533 9時〜20時
パソコン

MySoftBank→設定・申し込み→設定・変更
→契約者情報の変更→MNP予約関連手続き

9時〜21時30分
店舗 ソフトバンクショップ 各店舗に問い合わせ

 

2.MNP予約番号と有効期限をメモしておく

 

MNP予約番号には有効期限があり、最大15日間の有効です。

 

LINEモバイルに申し込みするときには、有効期限が10日以上残っていないと申し込みが出来ないので、申し込みする直前にMNP予約番号を取得することをオススメします。

 

 

3.各キャリアからの引き止めに心揺らさない

 

各キャリアとも、MNP予約番号を取得したいことを伝えると、すごい勢いで引き止めてくることが多いです。

 

かなり高額のポイントを提示してくることもあるので、心惹かれるとは思いますが、格安SIMに乗り換えるためには、その誘惑に打ち勝たなければいけません。

 

どうか、長い目でみて、一時的な割引に揺らがないようにしてください。

 

 

MNPにかかる手数料はキャリアによって違うので注意して

今利用している、携帯電話会社からMNP予約番号を取得したからといってすぐに解約されるわけではありません。

 

その予約番号を次に契約する携帯電話会社で入力して手続きが完了すると、自動的に解約されます。

 

解約するだけではなく、電話番号をそのまま利用できるように手続きしてもらっているので当然MNPには手数料がかかってしまいます。

 

各キャリアの手数料は微妙に違うので、次の月に支払い請求が来たときにびっくりしないようにお知らせしておきます。

 

  • ドコモ     2000円
  • au       2000円
  • ソフトバンク  3000円

 

 

MNPの手数料以外にもかかってしまう可能性のある費用とは

今まで利用してきた携帯電話会社を解約して、他の携帯電話会社にMNPする場合、MNP手数料のほかにも、

 

  • 契約解除料
  • 端末残債

といった費用もかかってくる可能性があります。

 

1.契約解除料とは

 

2年間の縛りのある契約の場合に、定められた期間以外に契約を解除してしまうと発生する違約金。

 

契約解除料が発生するかどうかは契約している携帯会社と乗り換える時期によって変わります。

 

2.端末残債とは

端末を購入するときに分割での支払い手続きをしている場合、支払い途中で解約する場合の残りの端末分割金。

 

キャリアの場合、端末の代金をかなり割引してくれているので、途中で解約すると残りの分割分に関しては割引が効かず、かなり高額になる可能性があるので注意が必要です。

 

 

契約解除料と端末残債をなるべく支払わなくてもいい期間の調べ方

基本的には各キャリアとも2年間をごとの契約になっており、契約した月の2年後の前後2ヶ月間が解約期間となっているので、その期間を事前に調べてから乗り換えることをオススメします。

 

解約時期についてはこちらの記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

 

docomoの端末の残債と解約金がいくらかかるか調べる方法

 

auの端末の残債と解約金がいくらかかるか調べる方法

 

ソフトバンクの端末の残債と解約金がいくらかかるか調べる方法

 

もちろん、契約解除料や端末残債を支払ったとしても、格安SIMに変えるとすぐに元が取れるくらい安くなりますので、あまりにも解約期間までが長い場合は、すぐに乗り換えてしまってもいいと思います。

page top