SIMロック解除は簡単!解約前に自分でやってしまうのがおすすめです

自分で出来ちゃうドコモのSIMロック解除は契約中にするのがおすすめ。他社SIMなくても大丈夫!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ドコモ,SIMロック解除,簡単,他社SIM
このカテゴリーでは、ドコモ(docomo)から格安SIMに乗り換える手順をご紹介しています。Gmailを登録できたら、いよいよ解約して、格安SIMを購入していきます。

 

<ここまでの流れ>

 

 

しかし!キャリアを解約する前にもうひとつやっておいた方がいいのが、

 

SIMロック解除なんです!!

 

現在、どのキャリアの端末も格安SIMでそのまま利用できるMVNOがあり、めんどくさいSIMロック解除をする意味あるの?って思う方も多いと思います。

 

でも、もしその端末を売ってしまう事になったり、自分の気に入った格安SIMが端末と合わなかったりした場合に、SIMロック解除をせずに解約してしまっていると、もうSIMロック解除が出来なくなってしまうのです。

 

大手キャリア3社とも解約日から100日を過ぎるとSIMロック解除が出来なくなってしまったので、絶対に契約中にSIMロック解除しておいてくださいね!

 

今回はドコモ(docomo)のSIMロック解除について詳しく解説していきたいと思います。

 

誰でも出来ちゃう!ドコモ(docomo)のSIMロック解除の条件、解除方法、解除費用

 

ドコモ(docomo)のSIMロック解除の条件

SIMロック解除対象機種であること

2011年4月〜2015年発売のSIMロック対象機種一覧
2015年5月以降に発売のSIMロック対応機種一覧

購入日から100日経過していること

ただし、次の場合は端末購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能

  • 過去に同回線でSIMロック解除を行っていて、その受付から100日経過している
  • 一括払い(購入サポートは利用していない)もしくは分割払い金の清算が済んでいる
解約済みの場合、解約から100日以内であること

 

契約者本人に購入履歴がある端末で、利用料金の支払い実績が確認できること

 

おまかせロックやネットワーク利用制限など、各種制限がかかっていないこと

ドコモのSIMロック解除方法と費用

  • ドコモショップ店頭での申し込み…手数料3,000円
  • 電話(115)での申し込み…手数料3,000円
  • パソコン(My docomo)からの申し込み…無料

※2015年5月以前の機種は店頭のみ可能
※2015年5月以降の機種はいずれの方法もOKです。

 

ドコモの場合パソコン(My docomo)から自分で行えば、無料でSIMロック解除することが出来ます。

 

意外と簡単ですのでぜひ自分でのSIMロック解除にチャレンジしてみましょう

 

パソコン(My docomo)からのSIMロック解除の申し込み手順

IMEIという15桁の番号を調べる
  • iPhone設定 > 一般 > 情報 > IMEI
  • Android設定 > 端末情報 > 機器の状態 > IMEI番号 > IMEI
My docomoにアクセスしログインする(スマホの場合ページ下部から、パソコン版に切り替える)
「ドコモオンライン手続き」を選択
「SIMロック解除」を選択
「SIMロック解除を行う機種」を選択し、IMEI番号を「SIMロック解除を行う機種の製造番号」のところに記入する
「SIMロック解除を申込む」と「SIMロック解除の注意事項に同意する」のチェックボックスをクリック
メールの送信先を選択し、「次へ」をクリック
「手続きを完了する」を選択
完了していると設定したメールに「お手続きを承りました」というメールがきます

 

 

端末本体のSIMロック作業方法、他社SIMなくても大丈夫です

大体のサイトではここまででSIMロック解除の説明が終わっています。

 

しかし、ここまでの作業は、ドコモでのSIMロック解除手続きなんです。

 

実はまだ最後に、端末本体のSIMロック解除作業が残っているのです。

 

届いたメールの中に、実は「解除コード」という数字が記入されています。

 

そして同じく端末本体のSIMロック解除について説明が書いてあるURLも記載されていますので、確認してください。

 

方法は2種類 Androidの場合とiPhoneの場合について書いています

 

Android編 他社SIMを使ってSIMロック解除する方法
  1. まず端末本体のバックアップをとります
  2. 端末の電源をきります
  3. SIMロック解除完了したスマホに「他社のSIMカード」を差し込む
  4. 端末の電源を入れると「SIMネットワークのロック解除PIN」に解除コードを打ち込む
  5. 「ロック解除」をタップして、解除しましたと出れば完了です(ホーム画面に戻る)

 

iPhone編 他社SIMを使ってSIMロック解除する方法

 

  1. iPhoneのバックアップを取っておきます。パソコンのiTuneで取りましょう
  2. iPhoneの電源を切ります
  3. SIMカードを取り出し、他社のSIMカードを入れます
  4. iPhoneを再び設定すれば完了です

 

 

Android編 他社SIMを使わずにSIMロック解除する方法

残念ながらAndroid機種での他社SIMを使わずにSIMロック解除する方法は見つかりませんでした。

 

ただここまでの手順がすんでいれば、手数料が発生することはありませんので、この段階でdocomoを解約し、新しい格安SIMを申し込んだ後に、新しいSIMを挿入して、解除コードを入力すれば、問題なく使えるようになります。

 

もしくは友達などからSIMを借りたりしても可能です。

 

UQモバイルの「Try UQモバイル」でSIMを借りるのもひとつの手ですね。

 

iPhone編 他社SIMを使わずにSIMロック解除する方法
  1. 「iPhoneを探す」をONにしていると引っかかってしまうので、設定 > 一番上の自分の名前>iCloud からiPhoneを探すをオフにします

  2. iPhoneのバックアップを取っておきます。パソコンのiTuneにつないでバックアップを取りましょう
  3. バックアップを作成できたらiPhoneを消去します。設定 > 一般 > リセット > 「すべてのコンテンツと設定を消去」(消去方法の詳しい説明
  4. リセット完了後、初期設定画面が出たら(「こんにちは」の画面)もう一度パソコンにつないで、iTuneを立ち上げる(初期設定はまだしません)
  5. 「iPhoneのロックは解除されました」と表示されれば成功です。
  6. このあとiPhoneの表示にしたがってバックアップから復元し初期設定を行ってください
  7. 「iPhoneを探す」を、設定 > 一番上の自分の名前 >iCloudからiPhoneを探すをオンに戻します

 

まとめ

SIMロック解除について、私が調べられることはすべて書かせていただきました。
なかなか自分でするのはハードルが高いとは思いますが、すこしでも節約できるようにがんばってください。

 

SIMロック解除が出来た端末は、そのままドコモ(docomo)でも問題なく使えますし、海外旅行の時には現地SIMもいれられるようになり、いわゆるSIMフリー端末として生まれ変わります。

 

もちろんどこの格安SIMでも使えるし、売ってしまうときもSIMロック端末よりも高値で買い取ってもらえます。

 

SIMロック解除した端末に格安SIMをいれてキッズスマホにすると、基本料金のみで利用できるのでLINEモバイルなら月額500円で利用可能ですよ!!
キッズスマホにおすすめの格安SIMは絶対これ!

 

 

いいことしかないので、格安SIMに乗り換える予定がなくてもチャレンジしてみてくださいね。

 



page top