ドコモの端末の残債と解約金がいくらかかるか調べる方法

docomoを解約して格安SIMにするならまずは解約金と端末残債を調べよう

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

3大キャリアであるdocomo、au、ソフトバンクから格安SIMに乗り換えたいなーと思っても、何からしていいか解らず、結局今のままで我慢している人結構いるみたいです。

 

じゃあ何がわからないの?って聞いてももう何がわからないかも解らないそうです。教えてあげるからやってみたらと言っても、説明聞いても解らないみたいで、なかなか勇気が出ないそうです。

 

そういう人はやはり格安SIMには向かないかな。結局不具合が出たりした時にすぐに聞きに行けるキャリアは安心ですし、その分の高い料金でもあると思います。

 

でも、多少ならネットで調べたり、人に聞いてでもやろうと思う人には私も喜んで教えてあげようと言う気になります。

 

実際、キャリアから格安SIMに乗り換えるには色々とやらなければ行けない事があって簡単ではありません。

 

私もその度に口頭で説明するのが大変なんで、ここにまとめておこうと思います。

 

キャリアから格安SIMに変える時にまず確認しないといけない事は解約金と端末残債のチェック

 

まず最初にした方が良いことは色々あるとは思うのですが、そもそも乗り換えるのにどのくらいの費用がかかって、ほんとうに乗り換えることで月々の支払いが安くなるのかを調べた方がいいと思います。

 

キャリアには2年縛りと言う、2年ごとに2ヶ月間しか解約金がかからない月が訪れない悪魔のような契約があります。

 

大幅な割引をする代わりに2年間の契約を強制するもので、しかも解約するには2年後の2ヶ月間の間に手続きしないとまた同じ契約をしなければならず、ぼーっとしているといつまでも縛られ続けるほんとにひどい契約です。

 

もし、解約月ではない途中で解約する場合、どこのキャリアでも約1万円の違約金(解約金)を支払わなければいけません。

 

格安SIMの月々の通信量はこの解約金を払ってでもお得になるほど安いのですが、出来れば無駄なお金は払いたくないですよね。

 

もしあと数ヶ月で解約月になるのであれば待ってから格安SIMに乗り換えてもいいと思います。

 

そんな解約月を調べていつ格安SIMに乗り換えるのかをしることは節約の第一歩です。

 

 

そしてもう一つ、忘れてはいけないのが現在自分が使っている端末を分割購入している場合の残りの支払い額がいくらなのかも重要です。

 

キャリアでは2年間の分割にすることで高額な端末の料金をかなり安くするサービスをつけることでユーザーを増やしています。

 

もし、この分割を途中で解約し、残りを一括で払う場合、この割引がなくなり本来の料金からの残金を要求されます。

 

例えば本体が72000円の機種を2年間で実質0円で購入した場合、本来なら3000円の機種代金が月々かかるのですが、月々3000円が割り引かれるので無料になるというシステムです。

 

当然2年間契約していれば、最後まで無料なんですが、1年後に解約した場合、3000円×12ヶ月分の支払いは残っていると言うことになり、36000円を支払わないといけなくなります。

 

ただ、そのまま分割払いを続けることは出来るので、月々3000円支払うということも可能です。

 

端末の残債の方が高額になる可能性が高いですので、きちんと調べて見ましょう。

 

 

docomoの契約更新月と端末残債を調べる方法

 

 

 

 

電話による確認方法

まずもっとも簡単に調べるには、問い合わせ電話に電話する方法です。
この方法なら、一度に契約更新月と端末の残債まで調べる事が出来ます。

 

ただ、会社勤めなどしている場合、電話をかけれる時間帯は混雑して繋がりにくいという事があるようです。

 

 

docomoの問い合わせ電話番号

 

お問い合わせの前にご用意ください。

  • ご契約者電話番号
  • ネットワーク暗証番号(契約時に指定された4桁の番号)
  • ※1.ご契約内容照会・各種お手続きのご本人確認の際に必要となります。

 

ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料)より、ご確認いただけます。
受付時間:午前9時〜午後8時

 

一般電話などからの場合
0120-800-000 携帯電話・PHS OK
年中無休 受付時間:午前9時〜午後8時

 

※一部のIP電話からは接続できない場合があります。

 

 

電話が繋がった後、音声ガイダンスが流れるのですが、番号を選択していくことでスキップできます。
音声認証での案内により確認したいのでオペレーターへの接続のスキップ番号は
【スキップ番号】です。

 

便利な操作方法

操作内容

番号

メインメニューに戻る 8
もう一度くりかえし 9
ひとつ先のガイダンスに進む #
ひとつ前のガイダンスに戻る *

 

 

問い合わせする日時を事前予約して予約時間に優先的にオペレーターにおつなぎする「コール事前予約」というサービスもあります。
インフォメーションセンターへのコール事前予約

 

 

お問い合わせアプリという、インフォメーションセンターにお問い合わせの際、音声ガイダンスの代わりに画面上でお問い合わせメニューをご選択いただけるアプリケーションもあります。
お問い合わせアプリ(モバイルセレクトアプリ)

 

 

パソコン、スマホなどから確認する方法

電話での問い合わせが苦手な場合、パソコンやスマートフォンから契約内容を確認して調べる方法もあります。

 

この場合自分で必要な情報を探さないといけないので、少し難しくなるので、出来るだけ電話での問い合わせをお勧めします。

 

MYdocomoから確認する方法

 

パソコンまたはWi-Fiから接続する場合

 

パソコンからの閲覧やスマートフォン・タブレットを用いて、ご自宅のWi-Fiなどから接続する場合、「dアカウント」※2 が必要になります。

 

スマートフォン、タブレット、ドコモケータイなどから回線接続する場合

 

スマートフォン、タブレット、ドコモ ケータイ(spモード/iモード)などから回線接続する場合、「ネットワーク暗証番号」が必要になります。

 

spモードから接続する場合

 

「My docomo」から、ご確認いただけます。※1

 

※1.システムメンテナンスのため、ご利用いただけない場合があります。詳細についてはMydocomoの別ウインドウが開きますメンテナンス情報でご確認ください。

 

※2.dアカウントをお持ちでないお客さま、ID/パスワードをお忘れのお客さまは、dアカウントより、まず、新規発行・再発行のお手続きをお願いいたします。

 

My docomoにログインする

 

 

契約更新月の調べ方

  1. My docomoにログインする
  2. ホーム画面にある「契約内容・手続き」を開けます
  3. 自分が利用している機種のところにある機種ご利用期間を見る
  4. そこにある期間が利用期間です
  5. 24ヶ月(2年)になっていれば満了月になります
  6. その月と次の月の2ヶ月間が契約更新月です。

 

端末代残債の調べ方

  1. My docomoにログインする
  2. ホーム画面にある「料金」を開く
  3. 「端末等分割支払い金(計)」となっている項目を見ます
  4. その月の支払い金額と今回が何回目の支払いかが書いてあります。
  5. 24回払いならそこから引いた数字を今回の支払額に掛ければ残金がわかります

例えば、

端末等代金分割支払金(計) 2,850円
11回目のご請求です。(全24回)

と書いてあった場合、
(24−11)×2850=37050
あなたの残債は37,050円ということになるのです。

 

まとめ

それにしても改めてキャリアの契約のからくりには多くの人がだまされてるなーと思いますね。

 

iPhoneなんかはキャリアでしか最新機種は売ってないですし、実質0円で誘い込んで、高い通信料で2年間囲いこむんですから、まだまだキャリアで契約している人が大半なのもなっとくしちゃいます。

 

格安SIMは通信料は安いけど、端末の割引はそんなにたいしたこと無いですからね、、

 

やはり手持ちのお金が無い場合高い端末を先に買って通信料が安いから格安SIMにしよ、とはなかなかならないですよね。

 

でも今ならOCNモバイルONEで最新機種もすごく安く買えますよ。もちろん分割も出来ます。

 

iPhoneにこだわらないなら、Androidの上位機種のほうが値段も安いし機能も充実ですよ。

 

激安!g07++が月々120円で買える!OCNモバイルONEのセールがやばい

 

page top