格安スマホのHUAWEI P20 liteがOCNモバイルONEで半額で買える!

HUAWEI P20 liteが一番安く使える格安SIMはこれ!Y!mobile、UQモバイル、OCNモバイルONEを比較

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


HUAWEI(ファーウェイ)は、6月15日に新型SIMフリースマートフォン「HUAWEI P20 lite」を発売開始します。

 

「HUAWEI P20 lite」は前モデル「HUAWEI P10lite」の後継機で、iPhoneXの外観にそっくりに出来ており、フルディスプレイが採用されています。カメラもデュアルカメラを搭載しており、スペックも申し分ないモデルになっています。

 

前モデルの「HUAWEI P10 lite」は日本で一番売れたAndroidと言われるほどの人気があり、その後継機である「HUAWEI P20lite」はAndroidファンが待ち望んだ機種になります。

 

主なスペックは

  1. 5.8インチ 2280 x 1080解像度の縦長ディスプレイ
  2. 4GB RAM、32GBのストレージ容量
  3. 最大256GBのmicroSDXCストレージ
  4. SoCにはHUAWEI Kirin 659オクタコアCPUを搭載
  5. カメラは1600万画素+200万画素(測距用)のダブルレンズ仕様
  6. 容量3000mAh、急速充電対応の大容量バッテリー
  7. 指紋認証に加え顔認証にも対応

これだけのスペックなのに、販売価格はSIMフリー機種で税別3万1980円なのです。

 

さらに、SIMとのセット販売ならMVNOで割引があり、販売するのは
Y!mobile、UQモバイル、OCNモバイルONEの3社が予定されています。

 

その中でも特にお得に購入できるMVNOがOCNモバイルONEになります。

 

どのくらいお得に購入できるかと言うと、なんと半額以下での購入が可能なんです!

 

それでは詳しく解説していきたいと思います。

 

OCNモバイルONEの端末セットはコチラから!月額1,980円(税抜)〜

HUAWEI新機種がOCNモバイルONEで購入すると14800円!なんと半額以下

 

OCNモバイルONEでは、現在「HUAWEI P20 lite」の予約を受付中です。

 

端末とSIMカードのセット販売である、らくらくセットでの購入が条件です。

 

らくらくセットとは、OCNモバイルONEの音声対応SIMとスマホのセット販売することで大幅な割引をしているサービスなのです。

 

特徴は、

  • スマホとSIMが一緒に届いて、すぐに使えてとても便利。
  • 手続きから商品が届くまでに1週間ほどかかる。
  • 別途初回請求時に契約事務手数料3,000円必要
  • 申し込み時には本人確認書類、クレジットカード、MNP予約番号が必要
  • 一括 14,800円(税抜き)
  • 分割 750円(税抜き)/月×24回
  • カラー:クラインブルー / サクラピンク / ミッドナイトブラック

6月15日(金)11:00〜販売開始予定にしています。

 

事前予約をすると次の3つの特典が付くそうです

  1. 希望のカラーを必ず確保
  2. 販売開始をメールで案内
  3. 先着300名にHUAWEI製自撮り棒プレゼント

OCNモバイルONEの音声通話SIMの料金プラン

 

OCNの料金プランはとてもシンプルです。

 

通話プラン(基本料金)+インターネット通信コース+スマホ本体

 

この3種類の合計で月額料金が決まります。

 

<通話プラン>

ベーシックプラン

 

かけ放題のついていない通常の音声通話プラン

700円

10分かけ放題プラン

 

10分以内の国内通話が回数無制限で0円で利用できる

1550円

トップ3かけ放題プラン

 

その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になる

1550円

かけ放題ダブルプラン

 

「10分かけ放題」と「トップ3かけ放題」の両方利用できる

2000円

 

<インターネット通信コース>

通常のコース
(月単位)

3GB/月コース 1100円
6GB/月コース 1450円
10GB/月コース 2300円
20GB/月コース 4150円
30GB/月コース 6050円
日単位コース 110MB/日コース(3.3GB ) 900円
170MB/日コース(5.1GB) 1380円円

 

 

OCNモバイルONEの特徴として、日単位コースがあることなのですが、一日の通信量が110MBに制限されますが、月額900円と最安になります。

 

かけ放題の付いていない、ベーシックプランに110MB/日コースを選べば、端末代込みで

 

700円+900円+750円(24回払い)=2,350円

 

10分かけ放題をつけた場合
1550円+900円+750円=3,200

 

となるのです。

 

1日110MBということは月に換算すると3.3GBの高速通信になります。

 

ではほかのMVNOでは同じくらいの通信量で計算するといくらになるのか調べてみたいと思います。

 

 

Y!mobileの本体一括料金は予測ではOCNモバイルONEより安い12,000円と言われています。(まだ実際の料金は公表していません)
月額にすると500円ほどです。

 

それに、月々の通信料(3GBのスマホプランM)を加算すると
2,980円+500円(24回払い)=3,480円

 

となり、Y!mobileの方がOCNの10分かけ放題をつけた場合の料金と比べて280円高くなります

 

UQモバイルの場合は、プランによって割引率が違うようですが、同じ3GBのおしゃべりプランMで比べると、本体一括料金は13,068円ほどのようです。(マンスリー割を適応した場合)
月額にすると540円になります。

 

それに、月々の通信料(3GBおしゃべりプランM)を加算
2980円+540円(24回払い)=3,520円

 

となり、UQモバイルもOCNより320円高くなりますね

 

まとめ

HUAWEI P20 liteはとても本体代金がリーズナブルなのに、スペックが高くキッズスマホにぴったりですね。

 

しかもOCNモバイルONEで購入すると、子どもがそれほど無料通話が必要ない場合は、欠け放題の付いていないシンプルなプランにすると、3GBも使えるのに、月々2,350円ですみます。

 

最新機種をこの値段で利用できるのでOCNモバイルONEで予約するこをお勧めしますよ。

 

 

page top