LINEモバイルに申し込む前にチェックしておきたいポイント4つ

【必須】LINEモバイルに申し込む前にチェックしておきたい4つのポイント

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

今回はLINEモバイルを申し込む時に注意しておかなければならない4つのポイントを説明していきたいと思います。

 

LINEモバイル,申し込み,事前,チェックポイント

 

次に紹介する内容について申し込み前にチェックしておくと、申し込みがスムーズに進み、なおかつ商品が届いた後も不具合などが起こりにくくとても効率的になりますよ

 

 

LINEモバイルを申し込む前に用意しておかなければならないものについては
キッズスマホをLINEモバイルで申し込む前に用意しないといけない準備物
で確認してくださいね。

 

LINEモバイルを申し込む時に事前にチェックしておかなければ行けない4つのポイント

 

1.LINEモバイルのどのプランにするのか

 

選ぶプランはLINEフリープランのデータSIMがおすすめです。

 

その理由は、LINEフリープランのデータSIM(音声通話が使えないSIM)の場合、1GB500円で利用できます。

 

 

LINEモバイル,申し込み,事前,チェックポイント

 

小学生にキッズスマホを持たせる場合、親とのやり取りがメインなので、LINEでの通話やトークで十分です。

 

特に音声通話が無くてもほぼ困ることはありません。

 

LINEモバイルの場合、LINEアカウントを新規に作成するときに、SMSでの認証が要らないため、データSIMのみでよく、余分なSMSのオプションを付けなくていいのです。

 

他の格安SIMならSMSが必要でプラス120円くらいデータSIMより料金が高くなってしまいます。

 

しかも、LINEでのやり取りはデータフリーで使い放題なので、1GBしか高速通信が出来なくても全く心配いりません。

 

キャンペーン情報

 

現在LINEモバイルでは2周年キャンペーン中なので、LINEフリープランの音声通話SIM、1GBがなんと月額300円で6ヶ月間利用できます

 

もし、音声通話もあるほうが安心という場合は、キャンペーンを利用して申し込むことをおすすめします。

 

ただし、注意点は、音声通話SIMの場合は利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までの期間は最低利用期間になり9800円の解約手数料が発生します。

 

(データSIMの場合は2年縛りや自動更新などの縛りも一切無いので、いつでも解約できます。)

 

12ヶ月のトータルの費用は次のようになります
LINEモバイル,申し込み,事前,チェックポイント

 

7800円÷12=650円
1年間は音声通話SIMが1GB650円で利用できますので、すごくお得ですよね。

 

 

しかも、10月26日までなら、WEB限定!LINEポイント大放出キャンペーン!というキャンペーンもやっています。

 

このキャンペーンを利用すると、さらに
MNPなら10000ポイント
新規なら5000ポイント
LINEポイントがもらえちゃうそうです。

 

このキャンペーンの詳細はLINEポイント大放出キャンペーン!をチェックしてください。

 

申し込みの時にキャンペーンコードが必要になりますのでメモしておいてくださいね。

 

キャンペーンコード

 

MNP:TMTM0202

 

新規:TMTM0202

 

今回紹介したLINEポイント大放出キャンペーンとエントリーパッケージは併用が可能です。

 

エントリーパッケージとは

 

LINEモバイル,申し込み,事前,チェックポイント

 

格安SIMを申し込むときに必要な、登録事務手数料3,000円とSIMカード発行手数料400円を「登録事務手数料を0円」にすることにできるのがエントリーパッケージです。

 

 

Amazonのウェブサイトで購入できる、16桁のエントリーコードが記載された紙のパッケージになります。

 

記載してあるエントリーコードを入力して申し込みを行うことにより、登録事務手数料3,000円(税抜)が無料になります。

 

音声通話SIMを申し込むなら、このエントリーパッケージも事前に準備しておくことをおすすめします。

 

(データSIMには使えないのが残念、SMS付ならつかえます)

 

 

 

 

2.端末はどうするのか

 

・新しいスマホを購入する場合

 

キッズスマホ用に新たに端末を購入する場合、LINEモバイルで購入できるオススメの端末は、ZenFoneの4Maxです。

 

ZenFoneは端末にあらかじめキッズモードが搭載されていて、キッズスマホにするには安心の機能が備わっています。

 

特に4Maxに関してはバッテリーが他の端末の2倍近く長持ちするので子供に持たせるのにとても助かります。

 

しかも端末代は

分割(24回) 860円/月(税抜き)

 

一括払い   19800円(税抜き)

 

1GB500円のLINEフリープランなら月々1380円で利用できます。
しかも今なら、1GBの音声通話が300円なので、6ヶ月間、月々1160円になります。

 

・お持ちのスマホを再利用する場合

 

LINEモバイルは、ソフトバンク回線とドコモ回線が利用できるので、どちらかで購入したスマホの場合そのままLINEモバイルのSIMを入れて使うことが出来ます。

 

事前にこちらから動作確認済みの機種か確認をしてください。

 

 

auの場合は、SIMロック解除が必要になるので注意が必要です。
SIMロック解除の方法はauのSIMロック解除は簡単、自分ですれば3000円節約できるをご覧ください。

 

 

 

3.SIMサイズの確認

 

端末はお持ちのスマホを利用する場合、申し込み時に、SIMのサイズを選らばなくてはいけないので、お持ちのスマホのSIMサイズを事前に調べておいてください

 

 

こちらから調べられます⇒動作確認済み端末

 

 

ちなみにiPhoneのSIMサイズはナノになります。

 

4.ドコモ回線かソフトバンク回線どちらにするか

 

お持ちのスマホを利用する場合は購入したキャリアの回線を選んでください。

 

auの端末をSIMロック解除して利用する場合は、どちらか選択できます。

 

新しく端末を購入する場合も自由に選ぶことができます。

 

ドコモ回線とソフトバンク回線の違い

 

ドコモ回線 ソフトバンク回線
留守番電話 月額300円 無料
グループ通話 出来ない 月額200円(最大6人)
ナンバーブロック 出来ない 月額100円(最大20件)
迷惑電話ストップ 無料(最大30件) 出来ない
利用データ確認 1日分と1か月分の利用データ 1か月分の利用データ

 

上記の違いだけで、他のサービスには違いはありません。

 

詳しく知りたい場合はこちら回線の種類によるサービスの比較をご覧下さい。

 

 

ただ、現在ソフトバンク回線のみ格安スマホ最速チャレンジというキャンペーン中ですので、通信速度がなるべく速いほうがいいのであれば、ソフトバンク回線がおすすめです。

 

LINEモバイル,申し込み,事前,チェックポイント

 

 

 

次は申し込み方法を写真と解説でわかりやすく説明します!

申し込みはスマホでするのがオススメです。
パソコンで一番簡単LINEモバイルの申し込みからSIMが届くまでの作業手順のページを見ながらスマホ画面で申し込みしてみてくださいね。


 

 

まとめ

今回はLINEモバイルに契約するために申し込みを始める前にチェックしておくと大変スムーズに契約できるようにチェックしなければいけないポイントを4つ書き出してみました。

 

もしこの4つのチェックポイントについて一つでも不明な点がある場合は、必ず解明しておく必要があります。

 

LINEモバイルに問い合わせする場合は、まずは「よくある質問」などに記載されていないか確認してから、メール、電話、チャットのいずれかで問い合わせをしておきましょう。

 

 

 

page top