【ドコモよりLINEモバイル!】キッズスマホにおすすめ格安SIMガイド

【ドコモより断然LINEモバイル!】キッズスマホにおすすめ格安SIMガイド

当サイト『キッズスマホおすすめ格安SIMガイド』では、キッズ携帯からキッズスマホに変える時に、大手キャリアのdocomo、au、Softbankで契約していたキッズ携帯をそのままキャリアのキッズスマホではなく、格安SIMを利用して、安くて、安心、安全なキッズスマホにするためにはどうすればいいかを紹介しています。

 

まずは、キッズスマホに断然おすすめの格安SIMをご紹介していきます

 

LINEがデータ消費ゼロで月額500円〜!

 

 

今持ってるスマホをキッズスマホにするなら絶対LINEモバイルかmineoがオススメ!

LINEモバイル

mineo

 

  • データSIMなら1GB500円で利用でき、格安SIMの中では最安級。
  • しかもSMSをつけなくてもLINEが利用できるので、データSIMの料金のみでLINEでの通話やメッセージ送信が出来る。
  • しかもLINEでのやりとりは全て通信量がフリー。

≫詳細はコチラ

 

  • LINEモバイルがドコモ回線なのに対しmineoはau回線も利用できる。
  • 今もっているスマホがauで購入したものならau回線のあるmineoでないとSIMロック解除が必要になってしまう。
  • mineoならSIMロック解除なしでそのまま利用できるのでおすすめです。

 

≫詳細はコチラ

 

月々1000円以下は当たり前、キッズスマホおすすめ格安SIMランキング

LINEモバイルの特徴
  • LINEが販売している格安SIMで回線はdocomo
  • 一番安いプランでもLINEは使い放題
  • フィルタリングアプリのi-フィルターが無料でつかえる
  • データーSIMなら1GB500円で最安
価格 500
評価 評価5
備考 SMSはつけなくてよい
LINEモバイルの総評
他の格安SIMの場合SMSをつけないとLINEが使えないが、LINEモバイルならSMSをつけなくてもLINEが使える。 しかもLINEの年齢認証やIDでの検索なども利用できるのは格安SIMではLINEモバイルだけ。
mineoの特徴
  • docomo回線とau回線がえらべる
  • パケットシェアのサービスが充実しているので親子でmineoにするとかなりお得
  • 安心フィルタリング(i-フィルター)が月々350円で利用できる
  • 通信量が500MBからえらべる
  • auプランならSMSを無料でつけられる、docomoプランの場合は120円かかる
価格 700
評価 評価4
備考 auプランはSMS無料、docomoプランはSMSは+120円
mineoの総評
500MBで700円なのでLINEモバイルより割高になってしまうが、サービスや通信速度などの安定から見ると好評価。 au回線ならSMSも無料になるので、auで購入した古いスマホを利用する場合はかなりおすすめ。 親子でmineoにすればがんがんシェアできるので500MBでも十分たりる。

イオンモバイルの特徴
  • docomo回線
  • 全国のイオン200店舗で申し込みができる
  • 契約解除料や契約解除期間がないので安心
  • 初期設定をしなくてもそのままつかえる
  • 1GB480円は業界最安値
  • SMSは140円でつける事ができる
  • 子どもパックを150円で利用できる
価格 620
評価 評価3.5
備考 SMSは+140円でつけられる
イオンモバイルの総評
1GB480円は格安SIM業界では最安値である。しかも契約期間もなく解除料金も要らないのは他にはない。 全国どこにでもあるイオンで申し込みや相談ができるので不安が少ない。 ただ、SMSをつけるのに140円かかるのでトータル的にはLINEモバイルより高くなってしまう。子どもパックにはフィルタリングアプリやセキュリティーアプリが入っており、150円で利用できるのはお得であるが、LINEモバイルは無料で利用できるので、金額の差は開いてしまう。
BIGLOBEモバイルの特徴
  • 親もBIGLOBEモバイルにしてSMS付きのデータSIMをシェアすると月額320円で利用できる
  • 親のプランは3GB以上ならシェアSIMが利用できるので親の通信量もかなり安く抑える事ができる
  • 親子で格安SIMを利用できるならBIGLOBEモバイルが最安値
  • キャッシュバックキャンペーンなど頻繁に行っているので格安スマホも他社より安く購入できる
価格 320
評価 評価3
備考 親もBIGLOBEモバイルを利用でシェアSIMを使った場合
BIGLOBEモバイルの総評
親も一緒にBIGLOBEモバイルに変わる事が出来るならば最も安くキッズスマホに利用できる。もともと親がBIGLOBEモバイルなら迷わずこれで決まり。
楽天モバイルの特徴
  • スーパーホーダイなら通信速度1Mbpsなら使い放題
  • 長期で利用なら最大20000円キャッシュバック
  • 楽天スーパーポイントが貯まる、使える
  • 安心のdocomo回線
  • iPhoneSEとiPhone6S Plusがセット購入できる
価格 645
評価 評価3
備考 ベーシックプランの場合(高速データ通信は利用できない)
楽天モバイルの総評
楽天モバイルは通常の高速通信を利用できるプランでは3.1GBからのプランしかないが、通信速度が1Mbpsなら使い放題なので通信制限を気にせず利用できる。 iPhoneSEとiPhone6SPlusセット購入できるので子どもがiPhoneが欲しい場合にはおすすめ

 

今断然おすすめの格安SIMはこれ!

LINEモバイル

mineo

 

  • データSIMなら1GB500円で利用でき、格安SIMの中では最安級。
  • しかもSMSをつけなくてもLINEが利用できるので、データSIMの料金のみでLINEでの通話やメッセージ送信が出来る。
  • しかもLINEでのやりとりは全て通信量がフリー。

≫詳細はコチラ

 

  • LINEモバイルがドコモ回線なのに対しmineoはau回線も利用できる。
  • 今もっているスマホがauで購入したものならau回線のあるmineoでないとSIMロック解除が必要になってしまう。
  • mineoならSIMロック解除なしでそのまま利用できるのでおすすめです。

 

≫詳細はコチラ

 

キッズ携帯から格安SIMを利用してキッズスマホにした理由

 

小学生になってすぐキッズ携帯を持たせていた娘が4年生になる時、さすがにキッズ携帯だといろいろ不便が出てきてしまったんです。

 

キッズ携帯は親がキャリアのドコモ、au、ソフトバンクで契約していないと持たせられないし、料金も1年目と違って2年目3年目は安くはない、それにやはりLINEが使えないのが不便なので4年生からスマホに変える事にしました。

 

その時、キッズスマホをわが子に持たせるために、キッズスマホの料金や機能、安全性などめちゃくちゃ調べまくりました。

 

そして今、娘には安心安全でしかもかなり格安でキッズスマホを持たせられています。

 

 

 

キャリアor格安SIM

キッズスマホを選ぶときにポイントになるのが、大手キャリアのドコモauソフトバンクで持たせるのか、それとも格安SIMを利用して持たせるのかという事がまず最初に悩むポイントだと思います。

 

フィルタリング機能

その次に大切なのは、キッズスマホの安全性です。子供にインターネットに自由につながってしまう端末を持たせることは、同時にインターネットに潜む危険性からしっかり守る事が出来るかどうかが重要になってきます。

 

 

月々の料金

そして最後のポイントはキッズスマホにかかる月々の料金です。キッズ携帯のときは月々1000円前後だった携帯料金がキッズスマホに変えたとたん3000円とか4000円とかになったらどうしますか?仕方ないとあきらめますか?もし両親であるあなた達のスマホの料金が1人8,000円とかなら子供のキッズスマホの料金を足すと、1ヶ月2万円という金額になってしまうんです。電話代だけに月2万円って高すぎませんか?

 

 

この3つのポイントをクリアーするには、格安SIMにしっかりとセキュリティー機能のあるフィルタリングアプリを入れて、安心安全なキッズスマホにすれば月々の料金も1000円以下にだって出来るんです!!!

 

 

このサイトでは、実際に子供に安心安全にしかも格安料金でキッズスマホを持たせれている主婦がどの格安SIMを選べばいいか伝授させていただきたいと思います。

 

 


 

 

キャリアから格安SIM

大手キャリアでキッズ携帯からキッズスマホに乗り換えた場合、月額料金はキャリアによってかなり変わります。

 

 

docomo

 

docomoは昨年末に、ドコモの学割という25歳以下の学生向けサービスが開始されています。
このサービスは親と子で同じdocomoに加入している場合、シェアパックを利用する事が条件で子どもの月額利用料を1年間1500円割引いてくれるというものです。

 

docomoにはシンプルプランというかけ放題が付いてないプランがあり、このプランでdocomoの学割に申し込むと月々280円で利用が可能になります。

 

キッズスマホに最適ならくらくスマートフォンを購入したとしても1年間は880円で利用可能です。

 

2年目は2380円になりますが2年間の平均月額料金は1630円(税抜き)となり、キャリアでは断トツの安さになります。

 

フィルタリングも無料で利用できるので、安心です。

 

au

 

auにはキッズ、ジュニア用のスマートフォン「miraie f」という機種があり、機能も子どもに持たせるのに充実した内容のスマートフォンです。

 

もちろんフィルタリングは無料で利用できます。

 

さらにジュニアスマートフォンプランという月3620円というプランがあります。かけ放題は利用できませんがネット利用容量が2GBついています。

 

機種代金は36回払いとなり3年間の縛りがつきますが、月180円です。トータル月々4413円で利用が可能です。さらにauスマートバリューという家での光回線との併用割引を利用すれば3404円になります。

 

 

SoftBank

 

ソフトバンクの場合は、初めてスマホ割というプランを利用すると、キッズ携帯からの乗換えで次の機種変更までずーっと月2420円割引になります。

 

5分かけ放題、1GBの設定で、月額2480円で利用できます。

 

ジュニアスマホ対象サービスのDIGNO Gを購入する場合特別割引で月額1000円で購入できますので、トータル月3480円になります。

 

フィルタリングは無料で利用できますが位置情報や使用時間制限などの機能を利用する場合オプション料金300円が必要になります。

 

キッズスマホ月額料金一覧表

  docomo au Softbank
基本料

シンプルプラン980円
シェアオプション500円
SPモード300円

 

合計1780円

ジュニアスマホプラン
3620円(2年間)
LTE NET 300円

 

 

合計3920円

スマ放題ライト1700円
ウェブ使用料300円
データ定額ミニ1GB
2900円

 

合計4900円

割引

ドコモの学割1年間
1500円引き

 

はじめてのスマホ割
2420円引き

機種代金

らくらくスマートフォン
2275円ー1675円(月々割り)24回分割
月600円

miraie f
600円ー420円(毎月割)36回分割
月180円

DIGNO G
1280円ー280円(特別割引)24回分割
月1000円

通信量 シェアパックの為親回線からのシェア 2GB 1GB
かけ放題 なし なし 5分かけ放題
フィルタリング

あんしんフィルターfor docomo
無料

あんしんフィルターfor au
無料

あんしんフィルター
無料
オプション300円

2年間平均月額料金 1760円(税込み) 4413円(税込み) 3978円(税込み)

docomoもかけ放題や通信費が含まれていないので、親回線にかかるシェアパックの金額を加味するとやはり月々3000円くらいと考えるのが妥当でしょう。

 

月々3000円から4000円というのがキャリアでのキッズスマホの料金になると考えられます。

 

さすがにこの値段になると、子どもに持たせるのを躊躇してしまいます。

 


 

 

キッズスマホ1000円以下

MMD研究所の調べでは、携帯電話端末を所有する小学生の母親に、それぞれの子どもの月々の携帯電話利用料金について聞いたところ、「1000円未満」が最も多く60.6%でした。

 

 

また、携帯電話端末を持たせていないが、持たせる予定の小学生の子どもがいる母親を対象に、月々支払っても良いと思う金額を聞いたところ、「1000円未満」が最も多く38.9%だったというアンケート結果を発表しています。

 

 

このように多くの母親は子どもに持たせるスマホの料金を1000円未満に抑えたいと考えています。

 

 

大手キャリアであるdocomo、au、Softbankでキッズスマホを持たせようとすると、端末代も入れると月々3000円から4000円かかるとわかりました。

 

 

月々1000円以下で子どもにキッズスマホを持たせるにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

その答えは格安スマホに格安SIMを入れる事で可能なのです。

 

 

格安スマホ、格安SIMと聞くと、安くてサービスが悪いというイメージがあるかもしれませんが、それは間違いなんです。

 

 

格安スマホや格安SIMでも、料金プランやフィルタリングアプリ、GPS機能、セキュリティー設定を行えば月々1000円ほどでキャリア並みに便利にキッズスマホとして利用できるんです。

 

 

更新履歴
page top